業務内容紹介

事務部門

お客様からの信頼にお応え出来る様、素早く的確な応対を心掛けています。
本社事務グループ 下山絵美子

本社事務 下山絵美子

お客様の窓口でもある事務スタッフとして、電話やFAXによる商品受注及び、出荷対応、業者さんへの資材の手配等を行っております。
私達の努めは、第一にお客様の希望に沿った商品や数量を期日通りにお届け出来る様、手配すること。ただ、商品が遅れてしまう事も時にはあります。
その際は、すぐに運送会社に連絡をとり状況を確認し、お客様へただちにご説明を行い、素早く丁寧な応対を心掛けています。
又、出荷が重なる時期は休憩もとれない程、商品受注と出荷対応に追われますが、スムーズに業務を進められた時には大きな達成感があります。

 

チームワークの良さが三和食品の強み。

本社事務グループ 下山絵美子

どの仕事も同じ事が言えますが、ひとつのミスがお客様の御迷惑に繋がります。

例えば受注内容は書類として印刷するだけでなく、必ずそれを声に出して確認したり、間違いが起きない様に細心の注意が欠かせません。「食品製造業は大変」というイメージをもたれてしまう事もありますが、人の暮らしに直結する分、やりがいも大きい仕事です。又、部署の垣根を越えて、仲良く、協力出来るチームワークが当社にはあります。

「安心・安全な食品を皆様へ。」その思いを忘れず、これからも業務に取り組んでいきます。

 

製造部門

お客様が欲しい商品を欲しい時に。欠品が無い様、製造を管理しています。
本社製造(惣菜) 梅津大輔

本社製造(惣菜) 梅津大輔 

本社の惣菜グループの一員として、主に惣菜商品の生産管理を担当しています。とにかく、安全・安心な商品を製造し、お客様のご注文に対して欠品なく対応していく事が私達の責任です。せっかく、ご注文を頂いたのに、その商品が在庫切れという事態にならない様、きちんと予定表通りに製造ラインを管理する様にしています。
スタッフに欠員が出たらどうカバーするか、間に合わせるためにはどうすべきかと気苦労も絶えません。製造の管理を任される立場になった今、改めて、この業務のやりがいと苦労を同時に感じています。

 

社員同士の仲間意識は高いが、業務においては緊張感を持って。

会社自体はバーベキューや新年会等のイベントが多く、社員間のコミュニケーションを深められる機会が用意されています。心の距離が近く、和気あいあいとした雰囲気の環境ですが、業務となれば話は別。
製造グループでは、毎日の朝礼で前日の作業報告を行ったり、報告、連絡を密にして、常に緊張感を持って業務に取り組んでいます。アットホームな中にも厳しさあり。それが当社のスタイルです。

 

開発部門

スタンダードなものからユニークな商品まで、幅広いニーズに対応。
本社開発 柴崎麻衣

開発課長 柴崎麻衣 

商品開発の業務は開発に携わる私達自身が営業と一緒にお客様のお話を伺う所から始まります。本社、仙台それぞれの工場で多彩な商品を開発していますが、そのほとんどはオーダーメイド。御依頼を受けてから原料や調味料、レシピ、味付、包材の検討を行います。近年は国産原料や無添加商品といった要望も増えてきていますので、場合によっては原料の産地に赴いたり、高品質の商品を作れるかを試行錯誤して、ようやく商品化出来たものをスーパーなどの店頭で見かけた時はうれしくなります。

 

部門の垣根を越えたコミュニケーションから生まれる新商品。

お客様のニーズを営業が吸い上げ、それを基に私達、開発スタッフが試作に取り組みますが、その裏側では品質の検査が行われたり、レシピが決定したら、本当に作れるのか製造グループと話し合いを重ねたり、依頼から製造までスタッフ全員が一体となって初めて商品化が叶いますので、他部門とのコミュニケーションはやはり大切です。
本社工場と仙台工場間も頻繁に情報交換を行っており、チームワークの良さは弊社の強みのひとつでもあります。
お客様から求められる美味しく、安全なものを考えるのが、私達の業務。「あの原料を使ってこんな商品が欲しい」。その期待を裏切らない最善の商品をご提案します。

 

品質管理部門

様々な管理や検査に携わりながら、食の安全・安心をサポートしています。
本社品質管理 矢口詩栞

本社品質管理 矢口詩栞 

今、私が所属しているのが、品質管理になり、主に製品の品質維持や当社で取得しているISO22000の運用管理を行う部署です。毎日の各工程での記録管理はもちろん、アレルゲンの検査や食品添加物の安全管理など、まだまだ新米ですが、お客様に安全・安心な商品をご提供出来る様に努めています。
当社は食品を製造する会社として、トレーサビリティシステムを確立していますが、仮にひとつの商品に問題があった場合には、その商品の情報を原料まで遡ってチェックを行う事が出来ます。
システムの運用には記録の管理や原料情報の把握など、管理する情報量はとても多いですが、食品の安全・安心を念頭に日々の業務に携わっています。

 

入社2年目。覚える事が多く、まだまだ勉強中です。

品質管理の業務は食品の安全・安心を担保する根幹のですので、多くの専門知識が必要です。
例えば、細菌検査ひとつとっても細菌の種類や特性を把握していなければいけません。覚えるべき事が本当に多く、まだまだ勉強中の身ではありますが、以前は分からない事が理解出来る様になったり、自分の力で問題に取り組める様になってくると、自分自身の成長や仕事の面白みを感じられます。
これからも先輩社員のアドバイスをもらい、切磋琢磨しながら、商品の品質維持に日々、取り組んでいきます。